安全への取り組み

監査業務並びにIMT2020の遵守

安全基準「IMT2020」

IMT2020とは、当社独自の安全管理体制(SMS:Safety Management System)で、会社の品質(安全性・信頼性)向上のための基本ルールです。
船舶の安全管理が、あるべき手順・方法に沿って確立され、実施され、改善されているかなどを定め、船舶の安全航行、環境保護に関する方針を効率的に実施できるよう構築しています。
安全運航規程、緊急事態に対する規定、環境保護規定など10項目の規定を定め、それぞれに手順書、指針、マニュアルなどを策定しています。
会社は、安全管理体制の構築・改善を維持するために必要な教育・訓練を行っています。

安全基準「IMT2020」

監査業務

運航船および船舶に関わる全ての部門が法令並びに安全管理規定・IMT2020(SMS)などの社内規定を遵守し、安全運航を遂行しているか、経験豊富な外部監査人(元船長・機関長)により適時監査を実施しています。 また、監査人から長年にわたる乗船経験を基に、安全に関する貴重なアドバイスを得ています。
監査の範囲は、経営トップ、安全統括管理者、運航船舶および船舶運航に関わる部門に対して、社長直轄の監査部門にて実施しています。

・船舶監査(運航船舶に対して最低年1度実施)
・事故監査(重大な海難、インシデントが発生した際に当該船、船主、配乗会社に対して実施)
・社内監査(社内の船舶運航に関わる部門に対して適宜実施)
・社外監査(船主、配乗会社に対して適宜実施)

監査業務
pagetop