「海上物流の
パイオニア」
として知られる会社で
働く誇り

船舶部 主任

2015年入社

どのような仕事をしていますか?

運航する船の傭船契約や協定を取りまとめのほか、燃料の購買や船舶保険の処理・対応など、船舶に関するさまざまな業務を担当しています。新しい船舶をつくるにあたっての設計などにも携わります。 訪船することも多く、船の船長や乗組員としっかりコミュニケーションを取ることを心がけています。

仕事の面白さや「やりがい」はどんなところですか?

井本商運は、全国各地からの輸出入貨物のフィーダー輸送や、災害時に発生する瓦礫の輸送などを通して、社会に貢献しています。輸送の基盤である運航船は、故障や不具合が生じて止まってしまうと、広範囲に影響が出ます。 乗組員と連絡を取り合い、協力して航海を達成させる。そのひとつひとつの航海に携われることは大きなやりがいです。

今までの仕事で印象的だったことは?

当社のある船が、港で停泊中にエンジントラブルを起こしてしまったことがあります。交換部品を本船へ積み込み、乗組員と協力して、自分たちの手でエンジンを修理したことは、今でもよく覚えています。作業は深夜までかかりましたが、無事に出港させることができました。

これからの目標などを教えてください

海運業界やそれを取り巻く環境は、常に変化や進化し続けています。新しいことに対してのアンテナを研ぎ澄ませて情報を的確にキャッチし、時代の流れに取り残されることのないようにして、少しでも船舶の安全運航に貢献できるように継続的研鑽に努めたいですね。

入社希望の方にメッセージをお願いします

井本商運は、社会のニーズに柔軟に対応することができ、あらゆる可能性に積極的に挑戦する会社だと思います。
そのことに共感する人、船に興味をもっている人に入社してもらえたらうれしいです。

ある日の仕事中の表情

新造船の設計について、部内で激論を交わすことも。

訪船して、船長や乗組員と綿密な打ち合わせを行います。

予定通りに安全運航してくれることが一番の願いです。

あなたの休日の過ごし方は…?

フットサルやゴルフなど、身体を動かすことが多いですね。
近所の市場に出かけて美味しいもの調達し、自宅でビールと一緒に味わう機会も増えました。

人を知る

社員の仕事内容や働きがいをご覧いただけます。